スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【雑記】10.19からもう20年らしいね

今日の日曜日で10.19から20年がたつそうです。
リアルタイムで見てはいないのでよく分からないですけど、当時からロッテは胴上げクラッシャーの名をほしいままにしていたみたいですね。あと有藤氏ね。
ここで近鉄が優勝していたら日本プロ野球の歴史は少なからず変わっていたと思います。
それとこの1988年10月19日は阪急がオリックスに売却された日でもあるらしいです。
ある意味日本のプロ野球の歴史の転換点じゃないんでしょうか。

というわけで今日、こんなイベントがあるらしいです。

日本のプロ野球史に残る1988年10月19日のロッテ・近鉄ダブルヘッダー(川崎球場)や、同日に起こったパ・リーグを巡る出来事を振り返るイベント
「1988・10・19~パ・リーグ新時代へ~」が20周年となる19日、旧川崎球場と東京・新宿のスポーツバーで開かれる。

ロッテ・近鉄ダブルヘッダーは、近鉄が連勝すればリーグ優勝、連勝できなければ、既に全日程を終了していた西武の優勝という状況でプレーボール。
近鉄は第1試合に逆転勝ちしたが、第2試合は延長十回時間切れ引き分けに終わり、涙をのんだ。

また、第1試合の試合中には大阪で阪急ブレーブスのオリックスへの身売りが発表された。
既にダイエーへの売却が決まっていた南海ホークスに続き、同一年に2チームの経営母体が変わる事態となり、パ・リーグにとっては、まさに激動の一日となった。

イベントでは、旧川崎球場の跡地を訪れるほか、当時の映像や資料、実際に試合を見ていた記者や観客の証言をもとに、「あの日」を検証する。

イベントは19日13時から旧川崎球場、18時から新宿区新宿3の「CLUBHOUSE TOKYO」で。
参加は自由で、片方だけの参加も可能。詳細は http://o-bu-19881019.cocolog-nifty.com/ へ。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20081018k0000e050061000c.html


戦いの舞台となった川崎球場はすでにスタンドが取り壊され、そこにプロ野球の常打ち球場があったという気配さえなくしています。さらに近鉄は球団が消滅しています。
時代の流れというのはなんか無常でなりません。

すぽーつ

クライマックスシリーズ
パ 埼玉西武0-5北海道日本ハム
ダルビッシュ鬼すぎワロタ どうやったらこれ打てるんですか?
セ 中日2-0阪神
これで阪神は星野政権の03年日本シリーズ第6戦(ダイエー戦)から今日までポストシーズン7連敗。
まあ明日もたぶん負けるでしょう。
落合のトランザム!計画が進行中であります。
スポンサーサイト
[ 2008/10/19 03:10 ] その他雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guiel5.blog60.fc2.com/tb.php/12-ef554779







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。