スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プロ野球開幕問題についての私見てきなアレ

各方向喧々諤々の議論が続いているがここで俺の意見をひとつ。
1.セとパは4.12に同時開幕
世間の批判を浴びながら開幕する意義はあるのか。
少なくとも関東・東北では野球を「やらせてもらっている」状態だ。
このまま3.29にセが強行開幕して、果たして世間から賛同の意見は得られるか?否だろう。
個人的にはこの延期の仕方は「延期延期うるせーから延期してやったよどーだ文句あるか」と受け取られかねない。
4.12、12球団一斉開幕することによって、批判はある程度収まるであろう。
2.4月末までの全試合デーゲーム実施
これはパ・リーグがすでに決めた決定事項だが、セ・リーグもこれに従うべきである。
3.東海以西でのチャリティーマッチ開催
かといって、4.12まで何も野球界が行動を動かさないというのには反対である。
野球選手の仕事はプロ野球を観客に対して見せることだ。
だから、週末・休日は計画停電範囲外である東海以西でチャリティーマッチを開くべきだ。
そしてその収益分と、球場で募金された額を義援金として寄付する。
4.入場料の引き上げ、それに伴い引き上げ分を義援金に
しかし、平日デーゲームは球団側の収益に対し多大な損害を与える。
これを補うため、今年は入場料を引き上げるべきだ。
またその引き上げ分のうち、半分を義援金として寄付するのはどうであろうか。
かつてある野球選手は「誠意は言葉ではなくお金」といった。
「被災者に勇気を」だとか、「被災者のため」とかいう言葉ではなく、
目に見える、実のある支援を行うべきではないか。

無論、4.12に延期したからといって電力問題が劇的に解決するわけではないし、
8月にはこれまでよりさらにキツい計画停電が行われると想定される。
さらに日程の問題など、様々な問題が山積し生まれていくことであろう。
ただ、このまま世間の時流を読めず、利潤のために開幕を強行しブーイングを浴びれば
それこそ野球嫌いが世間に増大し、将来の野球ファンの芽を摘むことになるかもしれない。
それだけは、なんとしても避けねばならない。
プロ野球は日本で一番の人気スポーツだが、日本の国民的スポーツではないのだ。
話はそれるが、真の意味での日本の国民的スポーツは、高校野球であると考える。
事実、選抜開催に対し、異論はほぼと言っていいほどでなかった。
それは、彼ら高校球児が「オラが町の代表」として、地域を背負っているからだ。(開催地が関西というのもあるが)
ともかく、4.12同時開幕が、現状での最高の落とし所だと俺は考えている。
今は世間の意見に、嫌だろうが耳を傾けねばならない時なのだから。
スポンサーサイト
[ 2011/03/21 19:51 ] 野球とか | TB(0) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/02/10 17:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guiel5.blog60.fc2.com/tb.php/135-b657a9b2







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。